株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

メディシスが急反発、処方箋単価及び応需枚数が想定超で上期業績は計画上振れ 10月29日13時52分

 メディカルシステムネットワーク<4350.T>が急反発している。28日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(4~9月)連結業績について、売上高が518億5000万円から521億6000万円(前年同期比2.2%増)へ、営業利益が14億円から18億6000万円(同37.3%増)へ、純利益が7億5000万円から14億3000万円(同2.5倍)へ上振れて着地したようだと発表したことが好感されている。

 調剤薬局部門で処方箋単価及び処方箋応需枚数が計画を上回ったことに加えて、旅費交通費などの経費を抑制したことや、上期に見込んでいた一部の経費が下期へ繰り延べられたことなどが寄与した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
アオイ電子は後場動意、半導体需要拡大を追い風に22年3月期業績予想を上方修正
東洋水が反発、決算発表通過でアク抜け感強まる
<個人投資家の予想> 10月29日 13時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »