株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

SGHDが22年3月期業績予想を上方修正 10月29日17時48分

 SGホールディングス<9143.T>がこの日の取引終了後、22年3月期の連結業績予想について、売上高を1兆3450億円から1兆4500億円(前期比10.5%増)へ、営業利益を1140億円から1250億円(同22.9%増)へ、純利益を790億円から850億円(同14.3%増)へ上方修正し、あわせて中間・期末各19円の年38円としていた配当予想を中間20円・期末21円の年41円にすると発表した。

 上期においてデリバリー事業における宅配便の取扱個数が、前年同期からの反動減はあったものの、営業活動などの成果により微増となったことに加えて、ロジスティクス事業では、世界的に海上コンテナが不足するなか海上及び航空コンテナのスペースを確保し、既存・新規顧客の旺盛な需要を取り込むことで好調を維持したことが要因としている。

 なお、第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高7260億5400万円(前年同期比14.4%増)、営業利益588億5600万円(同12.1%増)、純利益398億2500万円(同6.8%増)だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
29日香港・ハンセン指数=終値25377.24(-178.49)
住友電設が18万株を上限とする自社株をToSTNeT-3で取得へ
セーラーが21年12月期営業利益予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »