株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は437円高でスタート、ソフトバンクGやファーストリテが買われている 11月01日09時46分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;29330.68;+437.99TOPIX;2027.27;+26.09


[寄り付き概況]

 11月1日の日経平均は前週末比437.99円高の29330.68円と大幅続伸でスタート。10月29日の米国市場でダウ平均は89.08ドル高の35819.56ドル、ナスダックは50.27ポイント高の15498.39で取引を終了。9月個人消費支出(PCE)デフレーターや7-9月期の雇用コスト指数の上昇で、インフレ懸念が重しとなり寄り付き後、下落。引け後に発表された携帯端末アップル(AAPL)やオンライン小売のアマゾン(AMZN)の決算が予想に満たず、失望感から両社株が売られ全体指数を一時押し下げた。しかし、押し目買い意欲も強く、引けにかけて回復。下げを消し主要株式指数は史上最高値を更新し終了した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比210円高の28990円。本日の日経平均は、大幅に買い先行でスタート。直近の関心事項だった衆院選では、自民党が261議席を獲得し、国会の安定運営に必要な絶対安定多数を単独で確保する結果に。政治リスクの後退に加え、長期安定政権による政策期待が改めて高まりやすく、朝方は強い値動きに。
 
 売買代金上位では、ソニーG<6758>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、JT<2914>、東エレク<8035>など主力処は全般買われている反面、村田製作所<6981>
や野村<8604>が売りに押されている。業種別では、海運、食料品、精密機器などが上昇率上位で推移。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »