株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ストライクはストップ高カイ気配に張りつく、事業承継ニーズ旺盛で業績急拡大途上に 11月01日10時03分

 ストライク<6196.T>は大量の買い注文に商いが成立しないまま株価水準を切り上げ、700円高はストップ高となる5000円カイ気配に張りついている。中小企業を主要顧客としたM&A仲介会社で、大型案件の成約が寄与して業績は会社側の想定を上回って絶好調に推移している。同社が前週末10月29日に発表した22年9月期の業績予想ではトップラインが112億800万円と初の100億円大台乗せを果たし、営業利益も42億1000万円(前期実績は34億5100万円)と過去最高を大幅に更新する見通し。今期以降も中小企業の事業承継ニーズの高まりが予想されるなか、急拡大途上にある業績を評価する形で投資マネーの攻勢が活発化している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<注目銘柄>=フジクラ、海外通信需要が好調
インフォMTが反発、食材流通金額の回復で21年12月期業績予想を上方修正
住友電設が反発、18万株を上限とする自社株をToSTNeT-3で取得へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »