株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

野村総研が高い、国内大手証券は目標株価4900円に引き上げ 11月01日12時48分

 野村総合研究所<4307.T>が高い。SMBC日興証券は29日、同社株の投資評価「1」を継続するとともに、目標株価を4100円から4900円に引き上げた。同社はかねてから、証券業を中心に金融機関向けシステム業務では競争力と収益性が高かったが、非金融分野では顧客が限られ、利益率も不安定だった。しかし、近年はデジタルトランスフォーメーション(DX)提案・支援力が評価され、非金融の顧客拡大が進むと同時に、プロジェクトを安定的に受注できるようになり非金融分野での利益率が改善している。これを受け、同証券では22年3月期の連結営業利益を983億円から1045億円(会社予想1040億円)、23年3月期は1060億円から1150億円に上方修正している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
JKHDが急反発、22年3月期業績及び配当予想を上方修正
Aimingが大幅反落、21年12月期業績を上方修正も上振れ幅が物足りないとして失望売り
午前:債券サマリー 先物は続落、株高が重荷


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »