株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日ハムが反発、上期経常利益2%減も進捗率65%を好感 11月01日14時08分

 日本ハム<2282.T>が反発。同社は午後1時30分に、22年3月期第2四半期(4~9月)連結経常利益が280億3900万円(前年同期比2.4%減)となり、通期計画430億円(前期比12.0%減)に対する進捗率は65.2%と発表しており、好感されているようだ。

 上期は海外事業の売上回復や国内事業の堅調な量販向け販売、業務用の回復がみられたとし、豪州の牛肉事業の販売価格が高値で推移したことなども利益に貢献したとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
◎午後2時現在の値上がり値下がり銘柄数
CTCがプラス再浮上から上げ幅拡大の展開、上期売上高や全利益項目が過去最高を達成
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」1位に関西スーパ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »