株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日鍛バが急落、22年3月期営業利益見通し下方修正を嫌気 11月01日14時17分

 日鍛バルブ<6493.T>が急落。前週末10月29日の取引終了後、22年3月期業績予想の下方修正を発表。営業利益を31億5000万円から22億2000万円(前期1800万円)に引き下げており、これを嫌気した売りが出ているようだ。

 世界的な半導体不足や部品不足に起因する自動車業界全体の生産調整の影響を受けていることをはじめ、原油価格高騰に伴う原材料価格や物流費の上昇などが重しとなった。一方、期首時点で受注減少をある程度織り込んでいたことや円安の影響もあり、売上高予想については380億円から385億3000万円(前期比11.0%増)へ小幅に引き上げた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
明和産が4日ぶり反発、22年3月期業績及び配当予想を上方修正
トラスコ中山は後場上げ幅拡大、固定資産売却益計上で最終利益予想を上方修正
日ハムが反発、上期経常利益2%減も進捗率65%を好感


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »