株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~ソニーGなど全般堅調、シカゴは大阪比205円高の29705円~ 11月04日07時49分

ADR(米国預託証券)の日本株は、任天堂がさえない他は、ソニーG<6758>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、HOYA<7741>、富士通<6702>、エーザイ<4523>、オムロン<6645>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル113.98円換算)で全般堅調。シカゴ日経225先物清算値は大阪比205円高の29705円。

米国株式市場は続伸。ダウ平均は104.95ドル高の36157.58ドル、ナスダックは161.99ポイント高の15811.59で取引を終了した。連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控えて警戒感から、寄り付き後、下落した。その後、10月ADP雇用統計が予想を上回る伸びとなったほか、10月ISM非製造業景況指数が過去最高を記録するなど良好な経済指標を受けて下げ止まった。さらに、連邦準備制度理事会(FRB)がFOMCで市場の予想通り政策金利を据え置き、資産購入の縮小開始計画を発表も早期の利上げを示唆しなかったため安心感が広がり買いが再燃。引けにかけて上昇に転じ、主要株式指数は連日で史上最高値を更新して終了した。

3日のニューヨーク外為市場でドル・円は、113円72銭から114円22銭まで上昇し、114円01銭で引けた。米10月ADP雇用統計が予想を上回る伸びとなったほか、10月ISM非製造業景況指数が予想以上に上昇し、過去最高を記録すると長期金利上昇に伴うドル買いが優勢となった。その後、米連邦準備制度理事会(FRB)が連邦公開市場委員会(FOMC)で市場の予想通り政策金利を据え置き、資産購入策の縮小開始を発表。ただ、パウエル議長が今は利上げの時期ではないとしたため、早期の利上げ観測は後退。最近の高インフレも一過性の要因によるものと再表明し、来年の第2、3四半期にインフレは弱まるとの見方を示すなど、警戒されたほどタカ派に傾斜しなかっため、ドルの上値は限定的となった。ユーロ・ドルは1.1562ドルまで下落後、1.1616ドルまで上昇し引けた。欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁が「利上げ条件、来年達成する公算は小さい」としたほか、ビルロワ・ドガロー仏中銀総裁も、「来年利上げする理由ない」と当面低金利を維持する姿勢を示したため、ユーロ売りが一時優勢となった。

NY原油先物12月限は、大幅下落(NYMEX原油12月限終値:80.86 ↓3.05)。


■ADR上昇率上位銘柄(3日)
<5801> 古河電 11.35ドル 2587円 (62円) +2.46%
<7012> 川重 8.33ドル 2374円 (47円) +2.02%
<4523> エーザイ 73.46ドル 8373円 (100円) +1.21%
<6976> 太陽電 201ドル 5727円 (67円) +1.18%
<6758> ソニーG 123.14ドル 14035円 (155円) +1.12%


■ADR下落率上位銘柄(3日)
<7974> 任天堂 53.6ドル 48870円 (-1100円) -2.2%
<8309> 三井トラスト 3.34ドル 3813円 (-44円) -1.14%
<6753> シャープ 2.9ドル 1322円 (-15円) -1.12%
<8267> イオン 23.26ドル 2651円 (-23円) -0.86%
<6471> 日精工 13.49ドル 769円 (-5円) -0.65%


■その他ADR銘柄(3日)
<1925> 大和ハウス 32.17ドル 3667円 (20円)
<1928> 積水ハウス 21.22ドル 2419円 (11.5円)
<2503> キリン 17.7ドル 2017円 (1円)
<2802> 味の素 30.15ドル 3436円 (16円)
<3402> 東レ 12.8ドル 729円 (1.5円)
<3407> 旭化成 21.04ドル 1199円 (5円)
<4523> エーザイ 73.46ドル 8373円 (100円)
<4901> 富士フイルム 80ドル 9118円 (49円)
<4911> 資生堂 69.02ドル 7867円 (27円)
<5108> ブリヂストン 22.26ドル 5074円 (34円)
<5201> AGC 10.2ドル 5814円 (34円)
<5802> 住友電 13.06ドル 1489円 (-7.5円)
<6301> コマツ 26.66ドル 3039円 (9円)
<6503> 三菱電 26.9ドル 1533円 (8.5円)
<6586> マキタ 45.42ドル 5178円 (43円)
<6645> オムロン 101.02ドル 11514円 (119円)
<6702> 富士通 36.64ドル 20883円 (133円)
<6723> ルネサス 6.29ドル 1434円 (9円)
<6758> ソニーG 123.14ドル 14035円 (155円)
<6762> TDK 39.66ドル 4520円 (35円)
<6902> デンソー 36.54ドル 8330円 (73円)
<6954> ファナック 20.12ドル 22933円 (53円)
<6988> 日東電 38.96ドル 8881円 (51円)
<7201> 日産自 10.55ドル 601円 (4.9円)
<7202> いすゞ 13.92ドル 1587円 (8円)
<7203> トヨタ 181.07ドル 2064円 (16円)
<7267> ホンダ 30.28ドル 3451円 (-2円)
<7270> SUBARU 9.95ドル 2268円 (-2.5円)
<7733> オリンパス 22.05ドル 2513円 (19円)
<7741> HOYA 155.48ドル 17722円 (157円)
<7751> キヤノン 22.82ドル 2601円 (0円)
<7974> 任天堂 53.6ドル 48870円 (-1100円)
<8001> 伊藤忠 58.68ドル 3344円 (13円)
<8002> 丸紅 90ドル 1026円 (9円)
<8031> 三井物 451.67ドル 2574円 (13.5円)
<8053> 住友商 14.45ドル 1647円 (10.5円)
<8267> イオン 23.26ドル 2651円 (-23円)
<8306> 三菱UFJ 5.67ドル 646円 (5.8円)
<8309> 三井トラスト 3.34ドル 3813円 (-44円)
<8316> 三井住友 6.67ドル 3801円 (-7円)
<8411> みずほFG 2.7ドル 1539円 (2円)
<8591> オリックス 102.17ドル 2329円 (14.5円)
<8604> 野村HD 4.45ドル 507円 (-2円)
<8766> 東京海上HD 52.98ドル 6039円 (40円)
<8802> 菱地所 15.27ドル 1740円 (8円)
<9202> ANA 4.79ドル 2730円 (28.5円)
<9432> NTT 28.39ドル 3236円 (15円)
<9735> セコム 17.1ドル 7796円 (5円)
<9983> ファーストリテイ 69.82ドル 79581円 (591円)
<9984> ソフトバンクG 27.88ドル 6356円 (40円)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »