株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は反発、東エレクとキーエンスが2銘柄で約52円分押し上げ 11月04日16時38分

11月4日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり184銘柄、値下がり39銘柄、変わらず2銘柄となった。

日経平均は反発。米国市場では連邦公開市場委員会(FOMC)を挟んで主要株価指数の最高値更新が続き、祝日明けの日経平均も338円高からスタートした。朝方に一時29880.81円(前営業日比359.91円高)まで上昇すると、取引時間中のトヨタ自<7203>決算発表や5日の米10月雇用統計発表を前にやや上値が重く、海運株が決算発表を受けて後場急落したことも日経平均を押し下げる場面があった。ただ、トヨタ自は決算発表直後の売買が一巡するとプラス圏で推移し、日経平均も引けにかけてやや強含んだ。

大引けの日経平均は前営業日比273.47円高の29794.37円となった。終値としては9月28日以来の高値水準となる。東証1部の売買高は14億8277万株、売買代金は3兆6854億円だった。業種別では、繊維製品、電気機器、倉庫・運輸関連業が上昇率上位だった。一方、海運業、鉱業、その他製品が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の72%、対して値下がり銘柄は25%となった。

値上がり寄与トップは東エレク<8035>となり1銘柄で日経平均を約35円押し上げた。同2位はキーエンス<6861>となり、テルモ<4543>、ダイキン<6367>、富士フイルム<4901>、アドバンテ<6857>、オムロン<6645>などがつづいた。

一方、値下がり寄与トップはヤマハ<7951>となり1銘柄で日経平均を約20円押し下げた。同2位はソフトバンクG<9984>となり、花王<4452>、ネクソン<3659>、任天堂<7974>、郵船<9101>、第一三共<4568>などがつづいた。


*15:00現在

日経平均株価  29794.37(+273.47)

値上がり銘柄数 184(寄与度+353.85)
値下がり銘柄数  39(寄与度-80.38)
変わらず銘柄数  2

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<8035> 東エレク        56250         1020 +35.95
<6861> キーエンス       73980         4730 +16.67
<4543> テルモ          5148          116 +16.35
<6367> ダイキン        25965          445 +15.68
<4901> 富士フイルム      9503          434 +15.30
<6857> アドバンテ       10060          210 +14.80
<6645> オムロン        11775          380 +13.39
<4503> アステラス薬     1985.5           61 +10.75
<6976> 太陽誘電         5900          240 +8.46
<7733> オリンパス       2553           59 +8.32
<6098> リクルートHD      7843           78 +8.25
<9983> ファーストリテ    79220          230 +8.11
<9613> NTTデータ        2377           45 +7.93
<7832> バンナムHD       9396          216 +7.61
<4523> エーザイ         8449          176 +6.20
<7269> スズキ          5422          175 +6.17
<6762> TDK            4535           50 +5.29
<7267> ホンダ          3518           65 +4.58
<4324> 電通G           4405          130 +4.58
<6981> 村田製          8641          161 +4.54

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<7951> ヤマハ          6650         -590 -20.79
<9984> ソフトバンクG     6230          -86 -18.19
<4452> 花王           6247         -305 -10.75
<3659> ネクソン         2016          -72 -5.08
<7974> 任天堂         49140         -830 -2.93
<9101> 郵船           7820         -690 -2.43
<4568> 第一三共         2829          -22 -2.33
<9766> コナミHD         6290          -50 -1.76
<9107> 川崎船          5180         -490 -1.73
<4902> コニカミノルタ     512          -48 -1.69
<7752> リコー          1084          -38 -1.34
<4506> 大日住薬         1560          -37 -1.30
<8058> 三菱商          3638          -33 -1.16
<2002> 日清粉G         1801          -30 -1.06
<2502> アサヒ          5165          -27 -0.95
<9735> セコム          7765          -26 -0.92
<6954> ファナック       22860          -20 -0.70
<7272> ヤマハ発         3205          -20 -0.70
<9104> 商船三井         7090         -190 -0.67
<8031> 三井物         2541.5          -19 -0.67




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »