株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~ソニーGなど全般小安い、シカゴは大阪比45円安の29775円~ 11月05日07時46分

ADR(米国預託証券)の日本株は、HOYA<7741>、富士通<6702>、味の素<2802>が堅調な他は、ソニーG<6758>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、三井住友<8316>、AGC<5201>など、対東証比較(1ドル113.74円換算)で全般小安い。シカゴ日経225先物清算値は大阪比45円安の29775円。ADRの日本株は

米国株式市場はまちまち。ダウ平均は33.35ドル安の36124.23ドル、ナスダックは128.73ポイント高の15940.31で取引を終了した。7-9月期の非農業部門労働生産性速報値が40年来の低水準に落ち込み景気回復への警戒感に、寄り付き後、下落した。史上最高値付近からは利益確定の売り意欲も強く、ダウは終日軟調に推移。金利の低下でハイテク株は高く、ナスダック総合指数は上昇し連日で史上最高値を更新し引けた。

4日のニューヨーク外為市場でドル・円は、114円03銭まで強含んだのち113円51銭まで下落し、113円76銭で引けた。週次新規失業保険申請件数が予想以上に減少したことを好感してドル買いが強まったのち、7-9月期の非農業部門労働生産性速報値が40年来の低水準となったほか、貿易赤字の拡大で第3四半期国内総生産(GDP)成長がさらに下方修正されるとの懸念が広がり、長期金利低下に伴うドル売りが優勢となった。ユーロ・ドルは1.1573ドルまで上昇後、1.1528ドルまで下落し、1.1555ドルで引けた。欧州中央銀行(ECB)が当面ハト派姿勢を維持するとの見方にユーロ売りが優勢となった。

NY原油先物12月限は、大幅続落(NYMEX原油12月限終値:78.81 ↓2.05)。


■ADR上昇率上位銘柄(4日)
<2802> 味の素 32.17ドル 3659円 (178円) +5.11%
<7012> 川重 8.35ドル 2374円 (21円) +0.89%
<8591> オリックス 101.82ドル 2316円 (19.5円) +0.85%
<3861> 王子製紙 51.2ドル 582円 (4円) +0.69%
<7731> ニコン 11.5ドル 1308円 (9円) +0.69%


■ADR下落率上位銘柄(4日)
<8515> アイフル 1.62ドル 369円 (-18円) -4.65%
<3401> 帝人 13.35ドル 1518円 (-34円) -2.19%
<8604> 野村HD 4.49ドル 511円 (-9.7円) -1.86%
<8267> イオン 23.36ドル 2657円 (-47円) -1.74%
<6479> ミネベア 52.46ドル 2983円 (-47円) -1.55%


■その他ADR銘柄(4日)
<1925> 大和ハウス 32.14ドル 3656円 (-11円)
<1928> 積水ハウス 21.35ドル 2428円 (2円)
<2503> キリン 17.75ドル 2019円 (0円)
<2802> 味の素 32.17ドル 3659円 (178円)
<3402> 東レ 13.33ドル 758円 (-4.5円)
<3407> 旭化成 21.21ドル 1206円 (-7.5円)
<4523> エーザイ 74.5ドル 8474円 (25円)
<4901> 富士フイルム 83.57ドル 9505円 (2円)
<4911> 資生堂 69.22ドル 7873円 (16円)
<5108> ブリヂストン 22.33ドル 5080円 (0円)
<5201> AGC 10.46ドル 5949円 (-61円)
<6301> コマツ 27.23ドル 3097円 (-1円)
<6479> ミネベア 52.46ドル 2983円 (-47円)
<6503> 三菱電 27.28ドル 1551円 (-4円)
<6586> マキタ 46.4ドル 5277円 (-3円)
<6645> オムロン 103.56ドル 11779円 (4円)
<6702> 富士通 36.83ドル 20945円 (45円)
<6723> ルネサス 6.5ドル 1479円 (-5円)
<6758> ソニーG 122.65ドル 13950円 (-45円)
<6762> TDK 39.91ドル 4539円 (4円)
<6902> デンソー 36.51ドル 8305円 (-8円)
<6954> ファナック 20ドル 22748円 (-112円)
<6988> 日東電 39.23ドル 8924円 (-16円)
<7201> 日産自 10.57ドル 601円 (-3.7円)
<7202> いすゞ 14.02ドル 1595円 (-11円)
<7203> トヨタ 181.48ドル 2064円 (1円)
<7267> ホンダ 30.74ドル 3496円 (-22円)
<7270> SUBARU 9.98ドル 2270円 (-3円)
<7733> オリンパス 22.44ドル 2552円 (-1円)
<7741> HOYA 157.19ドル 17879円 (44円)
<7751> キヤノン 23.14ドル 2632円 (-13.5円)
<7974> 任天堂 53.6ドル 48772円 (-368円)
<8001> 伊藤忠 59.09ドル 3360円 (-10円)
<8002> 丸紅 89.64ドル 1020円 (-6.5円)
<8031> 三井物 446.11ドル 2537円 (-4.5円)
<8053> 住友商 14.67ドル 1669円 (8.5円)
<8267> イオン 23.36ドル 2657円 (-47円)
<8306> 三菱UFJ 5.62ドル 639円 (-8.1円)
<8309> 三井トラスト 3.45ドル 3924円 (-35円)
<8316> 三井住友 6.69ドル 3805円 (-52円)
<8411> みずほFG 2.74ドル 1558円 (-24.5円)
<8591> オリックス 101.82ドル 2316円 (19.5円)
<8604> 野村HD 4.49ドル 511円 (-9.7円)
<8766> 東京海上HD 52.8ドル 6005円 (1円)
<8802> 菱地所 15.25ドル 1735円 (0円)
<9202> ANA 4.84ドル 2753円 (-7円)
<9432> NTT 28.67ドル 3261円 (2円)
<9735> セコム 17.02ドル 7743円 (-22円)
<9983> ファーストリテイ 69.63ドル 79197円 (-23円)
<9984> ソフトバンクG 27.18ドル 6183円 (-47円)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »