株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日本光電が22年3月期業績予想を上方修正 11月08日17時21分

 日本光電<6849.T>がこの日の取引終了後、22年3月期の連結業績予想について、売上高を1905億円から2010億円(前期比0.6%増)へ、営業利益を180億円から255億円(同5.9%減)へ、純利益を120億円から175億円(同4.1%減)へ上方修正した。

 上期に国内で新型コロナウイルスの感染再拡大により生体情報モニター、人工呼吸器の需要が想定を上回ったほか、前年同期に低調だった一部製品の需要回復やITシステム商談の再開により、医療機器、消耗品・サービスともに好調に推移したことが要因。また海外では前年同期に低調だった一部製品の需要が回復したほか、米国で生体情報モニターの納品が前倒しで進んだことや、中南米、インド、東南アジアで感染再拡大により生体情報モニターの需要が想定を上回ったことなども寄与する。

 なお、第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高1023億4300万円(前年同期比17.3%増)、営業利益174億1400万円(同98.8%増)、純利益122億9400万円(同2.1倍)だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ヒューマンが22年3月期営業利益及び配当予想を上方修正
フジクラが22年3月期営業利益予想を上方修正
明日の株式相場に向けて=「新庄効果」が生み出すマネーフロー


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »