株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は3日ぶり小幅反発、ソフトバンクGが1銘柄で約131円分押し上げ 11月09日12時32分

9日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり73銘柄、値下がり149銘柄、変わらず3銘柄となった。

日経平均は3日ぶり小幅反発。29.12円高の29536.17円(出来高概算5億8000万株)で前場の取引を終えている。

週明け8日の米株式市場でNYダウは続伸し、104ドル高となった。ナスダック総合指数、S&P500指数とともに過去最高値を連日で更新し、ナスダック総合指数は2019年12月以来の11日続伸。週末に議会下院がインフラ投資法案を可決したことが好感され、連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長ら高官発言もおおむねハト派的と受け止められた。本日の日経平均はこうした流れを引き継いで50円高からスタートすると、大規模な自社株買いを発表したソフトバンクG<9984>の急伸もあって、朝方には一時29750.46円(243.41円高)まで上昇。ただ、引き続き節目の3万円に迫る場面では売りが出て上値が重く、NYダウ先物が時間外取引で下落していることも重しとなって伸び悩んだ。前場中ごろを過ぎるとマイナスに転じる場面もあった。

個別では、前述のソフトバンクGが売買代金トップで10%の上昇。1兆円を上限に自社株買いを実施すると発表している。その他売買代金上位では太陽誘電<6976>が5%超上昇しているほか、レーザーテック<6920>、東エレク<8035>、任天堂<7974>などがしっかり。決算発表銘柄では住友鉱<5713>やヤマハ発<7272>が買われている。また、関西スーパ<9919>は10月29日開催の臨時株主総会を巡る思惑から東証1部上昇率上位にランクイン。MBO(経営陣の参加する買収)実施を発表した片倉<3001>はストップ高水準での買い気配が続いている。一方、郵船<9101>やファーストリテ<9983>は軟調。決算発表銘柄では飯田GHD<3291>が材料出尽くし感から急落し、業績下方修正の東急建設<1720>は東証1部下落率トップとなっている。

セクターでは、情報・通信業、鉄鋼、鉱業などが上昇率上位。一方、海運業、空運業、ゴム製品などが下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の31%、対して値下がり銘柄は63%となっている。

値上がり寄与トップはソフトバンクG<9984>となり1銘柄で日経平均を約131円押し上げた。同2位はアドバンテス<6857>となり、太陽誘電<6976>、東エレク<8035>、KDDI<9433>などがつづいた。

一方、値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>となり1銘柄で日経平均を約43円押し下げた。同2位はNTTデータ<9613>となり、オリンパス<7733>、テルモ<4543>、ファナック<6954>などがつづいた。

*11:30現在


日経平均株価  29536.17(+29.12)

値上がり銘柄数  73(寄与度+221.11)
値下がり銘柄数 149(寄与度-191.99)
変わらず銘柄数  3

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     6783           622 +131.53
<6857> アドバンテ       10270           200 +14.10
<6976> 太陽誘電         6260           340 +11.98
<8035> 東エレク        57600           290 +10.22
<9433> KDDI           3433           37  +7.82
<6762> TDK            4485           50  +5.29
<4507> 塩野義          7222           135  +4.76
<7272> ヤマハ発         3165           115  +4.05
<4901> 富士フイルム      9184           80  +2.82
<7267> ホンダ          3333           38  +2.68
<6479> ミネベアミツミ     3205           65  +2.29
<3382> 7&iHD           5038           51  +1.80
<5713> 住友鉱          4527           93  +1.64
<2802> 味の素          3446           40  +1.41
<6981> 村田製          8510           49  +1.38
<7974> 任天堂         49630           370  +1.30
<6326> クボタ          2318           33  +1.16
<8267> イオン         2723.5           32  +1.13
<8058> 三菱商          3461           26  +0.92
<2282> 日本ハム         4120           50  +0.88

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    77290         -1220 -43.00
<9613> NTTデータ        2315           -65 -11.45
<7733> オリンパス      2593.5           -63  -8.88
<4543> テルモ          4829           -60  -8.46
<6954> ファナック       22400          -230  -8.11
<6971> 京セラ          7057           -93  -6.56
<6645> オムロン        11310          -185  -6.52
<4063> 信越化         20075          -155  -5.46
<4519> 中外薬          4050           -50  -5.29
<2801> キッコーマン      9320          -120  -4.23
<4568> 第一三共         2761           -30  -3.17
<6988> 日東電          8710           -90  -3.17
<6098> リクルートHD      7870           -29  -3.07
<2413> エムスリー       6311           -35  -2.96
<9766> コナミHD         6440           -80  -2.82
<4324> 電通G           4340           -80  -2.82
<1925> 大和ハウス       3538           -77  -2.71
<7832> バンナムHD       9190           -72  -2.54
<5108> ブリヂストン      5088           -70  -2.47
<2502> アサヒ          5120           -60  -2.11



<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »