株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「宇宙開発関連」が12位、米国を筆頭に世界的な開発競争加速<注目テーマ> 11月10日12時20分

★人気テーマ・ベスト10
1 メタバース
2 仮想空間
3 半導体
4 旅行
5 脱炭素
6 再生可能エネルギー
7 半導体製造装置
8 2021年のIPO
9 デジタルトランスフォーメーション
10 NFT

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「宇宙開発関連」が12位となっている。

 9日、固体燃料ロケット「イプシロン」5号機の打ち上げが成功した。このロケットには宇宙航空研究開発機構(JAXA)が進める実証プログラムに選ばれた企業や大学、研究機関の小型衛星が搭載されており、その中には三菱重工業<7011.T>の赤外線カメラを用いた衛星や川崎重工業<7012.T>のデブリ除去技術の実証に向けた衛星などがある。

 世界的に宇宙開発の分野では、米国を筆頭に中国、ロシアなどが先行している。特に米国は開発を巡る動きが活発化しており、7月に米アマゾン・ドット・コム<AMZN>創業者のジェフ・ベゾス氏が率いるブルーオリジンと、米ヴァージン・ギャラクティック・ホールディングス<SPCE>の2社がそれぞれ有人宇宙飛行を実施したほか、直近ではアマゾンが2022年までに人工衛星を打ち上げる計画を明らかにしている。また、米国への対抗姿勢をみせる中国は10月16日に有人宇宙船の打ち上げを実施、来年末の完成を目指す独自の宇宙ステーション「天宮」の建設を積極化させている。こうしたなか、国内でも政府の後押しに加え、ここ民間企業の取り組みも相次いでおり、マーケットでの宇宙開発関連株に対する関心は高い。

 主な銘柄としては、三菱重や川重、IHI<7013.T>、ニコン<7731.T>をはじめ、スカパーJSATホールディングス<9412.T>、高砂熱学工業<1969.T>、DMG森精機<6141.T>、日立造船<7004.T>など。このほか、シグマ光機<7713.T>、アイネット<9600.T>、コア<2359.T>に加え、さくらインターネット<3778.T>、大日光・エンジニアリング<6635.T>、日東製網<3524.T>、INCLUSIVE<7078.T>などが挙げられる。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<最も25日平均線との乖離幅が拡大している銘柄> 11月09日
<11月09日のストップ安銘柄>
東京株式(前引け)=続落、買い手掛かり難でアジア株安なども重荷


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »