株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ヨネックスが年初来高値を更新、22年3月期業績予想及び配当予想を上方修正 11月10日09時55分

 ヨネックス<7906.T>が大幅反発し、年初来高値を更新。同社は9日取引終了後、22年3月期連結業績予想について、売上高を680億円から710億円(前期比37.7%増)へ、営業利益を40億円から55億円(同5.3倍)へ、純利益を30億円から43億円(同3.9倍)へ、年間配当予想を6円から8円(前期は4円50銭)へ上方修正すると発表しており、好感されている。配当の内訳は中間が5円(普通配当3円、創業75周年記念配当と特別配当が各1円)、期末が3円。

 あわせて発表した22年3月期第2四半期累計(4~9月)連結営業利益は41億8900万円(前年同期は2億1500万円の赤字)だった。下期も中国のバドミントン、北米のテニスの好調が継続すると見込まれ、増収に伴う売上総利益の増加が見込まれる。一方で、中国における来期以降を見据えたプロモーションの実施と、日本国内の市場回復へ向けた積極的なマーケティング施策を行うことによる販管費の増加を織り込み、通期見通しを修正したとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ヨネックスが22年3月期業績予想及び配当予想を上方修正
ソフトバンクGは反落、信用買い残高水準で個人の戻り売り顕在化
大幸薬品が一時17%高、第3四半期営業損益の改善を好感


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »