株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ディーエヌエが一時14%安、ゲーム事業が不調で22年3月期上期営業利益は36%減 11月10日13時13分

 ディー・エヌ・エー<2432.T>が大幅に3日続落しており、前日比13.6%安の1835円まで下落する場面もみられている。同社は9日取引終了後、22年3月期第2四半期累計(4~9月)連結営業利益が133億4500万円(前年同期比36.2%減)だったと発表しており、大幅減益が嫌気されているようだ。通期見通しは合理的な数値の算出が困難なため非開示としているが、営業減益の見込みとしている。

 上期はライブストリーミング事業の成長や、前年同期と比べてスポーツ事業が回復した。しかし、主力のゲーム事業が減収となっており、既存タイトルを中心とした事業運営となったこともあり、ユーザー消費額は前年同期比で減少したとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
西日本FHが急反発、今期業績と配当予想を上方修正し自社株買い発表も
リボミックは後場上げ幅拡大、軟骨無形成症を対象とするRBM-007第1相臨床試験で評価項目を達成
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »