株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

非鉄株が業種別値上がり率トップ、世界的なインフレモードで投資マネー誘引◇ 11月11日11時03分

 住友金属鉱山<5713.T>が反発に転じたほか、大阪チタニウムテクノロジーズ<5726.T>が4連騰、大紀アルミニウム工業所<5702.T>も3日ぶりに切り返すなど非鉄株への買いが目立つ。非鉄セクターは業種別騰落で値上がり率トップに買われている。ここ世界的にインフレ警戒感が高まっており、前日は中国のPPIや米CPIなどが市場コンセンサスを上回る上昇をみせ、株式市場や債券市場にも影響を与えている。背景には商品市況の高騰があり、非鉄市況も総じて上昇基調を強め、インフレに向けた思惑を助長している。非鉄業界は市況上昇が収益メリットにつながりやすく、株価の先高期待を反映した買いを誘導している。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
やまびこが3日続落、21年12月期業績予想及び配当予想を上方修正も材料出尽くし感
三井ハイテクなどEV関連株への攻勢続く、米テスラ株急反発で安堵感◇
アイフルが急反発、22年3月期営業利益予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »