株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は大幅続伸、332円高、MSCI見直し発表やSQ通過も 11月12日15時58分

日経平均は大幅続伸。11日の米国市場でNYダウは3日続落し、158ドル安となった。ただ、半導体関連を中心に買い戻しが入り、ナスダック総合指数は3日ぶりに反発。本日の日経平均はこうした流れで103円高からスタートすると、MSCI(モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル)指数構成銘柄見直し発表やオプション11月物の特別清算指数(SQ)算出を通過したこともあり、朝方に一時29661.22円(前日比383.36円高)まで上昇した。その後は週末を前に売りも出て、高値圏で堅調もみ合いとなった。

大引けの日経平均は前日比332.11円高の29609.97円となった。なお、オプション11月物のSQ値は29388.47円。東証1部の売買高は13億2145万株、売買代金は2兆9426億円だった。業種別では、不動産業、鉄鋼、鉱業が上昇率上位で、その他も全般堅調。下落したのは石油・石炭製品のみだった。東証1部の値上がり銘柄は全体の78%、対して値下がり銘柄は19%となった。

個別では、ソフトバンクG<9984>やトヨタ自<7203>が2%超、レーザーテック<6920>が4%超の上昇。東エレク<8035>、郵船<9101>などその他売買代金上位も全般堅調だった。決算発表銘柄ではPD<4587>、シチズン<7762>、ホトニクス<6965>、パーソルHD<2181>、丸井G<8252>などが急伸。また、メドピア<6095>やEG<6050>がストップ高を付けたほか、大真空<6962>などが東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、ファーストリテ<9983>やOLC<4661>は小安い。株主総会を巡る調査結果を公表した東芝<6502>は後場売りに押された。決算発表銘柄ではスズキ<7269>が軟調で、ヤクルト<2267>
は後場に決算発表して急落する場面があった。また、業績下方修正のレアジョブ<6096>が売り気配のままストップ安比例配分となり、前期がのれんの減損計上で赤字となったLIFULL<2120>なども東証1部下落率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »