株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日通が21年12月期業績予想を上方修正、海外子会社が業績上振れの見通し 11月12日15時46分

 日本通運<9062.T>は取引終了後、21年12月期連結業績予想について、売上高を1兆6500億円から1兆6800億円へ、営業利益を560億円から570億円へ、純利益を390億円から450億円へ上方修正すると発表した。決算期変更のため、前年との比較は記載されていない(今期は9カ月決算)。

 あわせて発表した21年12月期第2四半期累計(4~9月)連結営業利益は363億円となり、会社計画360億円を上回った。通期見通しは、国際貨物の輸送需要の伸長により海外子会社の業績が前回予想を上回ると見込まれるため、上方修正したとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(大引け)=332円高と大幅続伸、ハイテク・内需堅調で上昇基調
ゆうちょ銀が22年3月期利益及び配当予想を上方修正、株主優待制度を導入
<個人投資家の予想> 11月12日 15時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »