株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:電通グループやゆうちょ銀行などに注目 11月15日09時08分

先週末12日の米国市場ではNYダウが179.08ドル高の36100.31、ナスダック総合指数が156.68pt高の15860.96、シカゴ日経225先物が大阪日中比110円高の29710円。週明け15日早朝の為替は1ドル=113.90-00円(12日午後3時は114.20円)。本日の東京市場ではグロース銘柄主導で上げた米国市場の流れを引き継ぎエムスリー<2413>、キーエンス<
6861>など高PER銘柄の値上がりが予想され、ソフトバンクG<9984>も堅調な動きとなりそうだ。また、先週末大引け後に好決算に加え、業績予想の上方修正及び増配を発表した東エレク<8035>の上場来高値更新が期待され、こうした展開となれば、スクリン<
7735>、アドバンテスト<6857>などの関連株の上昇も想定されよう。そのほか、業績予想の上方修正や好決算を発表した電通グループ<4324>、日ペHD<4612>、ゆうちょ銀行<
7182>、大日本印刷<7912>、三井住友<8316>、みずほFG<8411>、三菱HCキャピタル<8593>、T&DHD<8795>などにも注目。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »