株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

メドレーが4連騰、第3四半期19%営業増益と自社株買い発表を好感 11月15日12時39分

 メドレー<4480.T>が4連騰している。前週末12日の取引終了後に発表した第3四半期累計(1~9月)連結決算が、売上高80億7200万円(前年同期比54.5%増)、営業利益6億4200万円(同18.8%増)、純利益3億8400万円(同16.8%減)と2ケタ営業増益となったことが好感されている。

 人材プラットフォーム事業で利便性の向上に向けたサービスサイトの機能改善を継続的に行ったことなどにより応募数が伸長し、顧客事業所数、掲載求人数ともに増加したことが牽引役となった。

 なお、21年12月期通期業績予想は、売上高107億7000万円~112億7000万円(前期比57.7%~65.0%増)、営業利益1億6000万~6億6000万円(同59.6%減~66.6%増)、純利益2000万~4億8000万円(同95.6%減~5.3%増)の従来見通しを据え置いている。

 同時に、上限を60万株(発行済み株数の1.86%)、または18億円を上限とする自社株買いを実施すると発表しており、これも好材料視されている。取得期間は11月15日から12月30日までで、株価の変化に対応した機動的な対応及び株主還元を目的としているという。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
午前:債券サマリー 先物は反発、長期金利0.065%に低下
<個人投資家の予想> 11月15日 12時
キャリインデが大幅反発、アルバイト・派遣分野復調で上期営業利益2.2倍


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »