株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 ダブルスタンダード、トレックス・セミコンダクター、マルマエなど 11月17日07時15分

銘柄名<コード>16日終値⇒前日比
川崎汽船<9107> 4905 -275
目立った材料ないものの、75日線手前に戻り待ちの売りに押される。

ダブルスタンダード<3925> 4725 +445
好決算を評価する動き継続、出来高伴った急伸劇で青天井の展開。

大紀アルミニウム<5702> 1509 -77
市況関連は軒並み軟化。

ココペリ<4167> 2767 -533
上期大幅増益も通期計画据え置きで失望感。

ヤーマン<6630> 1189 -277
中間期上方修正するも第1四半期からの伸び鈍化で失望売り。

チェンジ<3962> 2236 +287
前期42.4%営業増益、今期13.6%増益予想を好感。

トレックス・セミコンダクター<6616> 3400 +503
22年3月期営業利益予想を8%上方修正。

ソーダニッカ<8158> 703 +76
発行株数の4.23%上限の自社株買い発表を好感。

UMCエレクトロニクス<6615> 574 -77
7-9月期の利益積み上げ小さく失望売り。

テスホールディングス<5074> 2786 +196
通期予想の営業利益に対する第1四半期の進捗率は65%。

スカラ<4845> 658 -68
第1四半期営業利益は90.4%減と今期低調なスタート。

タカトリ<6338> 1528 +148
昨日年初来高値更新し上値期待が高まる。

GSユアサ<6674> 2301 +142
「リチウム硫黄電池」の開発に成功との発表が手掛かり。

アウトソーシング<2427> 1537 -96
第3四半期報告書の提出期限延長を嫌気。

ダブル・スコープ<6619> 945 +5
21年12月期の営業利益下方修正で嫌気売り。

マルマエ<6264> 3045 +245
連日の年初来高値更新で上値期待高まる。

ウインテスト<6721> 213 -15
21年12月期営業損益予想を赤字に修正し嫌気売りかさむ。

SUBARU<7270> 2328 +115.5
国内証券が格上げ。トヨタのと合成燃料車共同開発報道も。

ミダックHD<6564> 5400 -350
中間期営業利益26.0%増も利益確定売りが先行。

フィックスターズ<3687> 845 +52
計算速度で4連覇の「富岳」の関連銘柄として資金向かう。

シンプレクス・ホールディングス<4373> 3320 +180
上場来高値更新で上値期待が高まる。

フジッコ<2908> 1971 +90
発行済株数の9.98%上限の自社株買い発表を好感。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »