株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part1 東エレク、SHIFT、レーザーテックなど 11月18日07時15分

銘柄名<コード>17日終値⇒前日比
ダブル・スコープ<6619> 1038 +93
決算受けた前日は急落から下げ渋り、17日は買い戻し。売上高の上振れなどを再評価
か。

東エレク<8035> 60950 +1950
市場成長プラスアルファの収益拡大など見込み、ゴールドマン・サックス証券は目標
株価引き上げ。

アルバック<6728> 6650 +320
半導体関連株高の波に乗り見直し買い進展、受注高などを評価。

SHIFT<3697> 29360 +690
インフレ耐性強い注目の情報通信セクターの中でも成長期待高く、上場来高値更新。

タカトリ<6338> 1755 +227
12日決算発表を受け人気化、大幅に3日続伸し上場来高値。

アトラエ<6194> 2612 +246
観光庁のモデル事業に採択されたと発表し材料視。

戸田工業<4100> 3475 +385
政府が車載用先端電池工場の建設を支援と報じられ手掛かり材料に。

トレックス・セミコンダクター<6616> 3735 +335
15日発表の上方修正受け16日年初来高値更新し上値期待高まる。

チェンジ<3962> 2403 +167
15日発表の本決算受け底値圏離脱の動きに。

理経<8226> 379 -57
17日より信用取引の臨時措置実施を嫌気。

セプテーニ・ホールディングス<4293> 518 -35
国内証券の格下げ受け保合い下放れの形に。

長野計器<7715> 1641 +126
12日に発表した中間期決算を手掛かりに連日の年初来高値。

IMAGICA GROUP<6879> 766 +48
新株予約権の取得・消却の完了を発表し需給悪化懸念が後退。

マーチャント・バンカーズ<3121> 822 +43
本日より信用取引の臨時措置実施を発表するも買い気衰えず。

日本エアーテック<6291> 1260 -90
12日に発表した第3四半期決算受け一旦上昇するも買い続かず。

リクルートホールディングス<6098> 7444 -360
15日に中間期決算発表し材料出尽くし感が継続。

タチエス<7239> 1132 -51
12日に22年3月期営業赤字予想に修正し見切り売り続く。

サニックス<4651> 280 -9
12日の業績予想修正を受け見切り売り続き年初来安値更新。

レーザーテック<6920> 32510 +1640
半導体関連銘柄の一角が活況、売買代金1位。

ガンホー<3765> 2879 +108
12日に第3四半期決算を発表し人気化、大幅に3日続伸。

東芝<6502> 4728 -185
米S&Pが格下げ方向で見直すと発表し嫌気売り誘う。

三井ハイテック<6966> 8950 -360
外資系証券が格下げで売り優勢、高値から4日続落。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »