株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

総医研HDが24%高と急騰、化粧品事業における中国企業との資本・業務提携で急展開 11月18日10時02分

 総医研ホールディングス<2385.T>が4日ぶり急反騰、一時23.8%高の380円まで買われる場面があった。値上がり率は全市場を通じて第2位。同社は大阪大学発のベンチャーで、健康補助食品や飲料の直販及び食品の機能評価試験受託事業を手掛ける。このほか、化粧品は中国向け越境ECで高水準の需要を開拓し、今後の展開が期待されている。そうしたなか、17日取引終了後、資本・業務提携先である中国・杭州高浪控股が子会社GOLONG HOLDINGを通じて、新たに総医研HDの株式416万4100株を取得することを発表した。これによりGOLONGは第2位株主となる(受渡期日は12月15日を予定)。総医研HDは化粧品事業で中国企業との連携強化を進めていたが、今回の資本・業務提携に伴い業容拡大期待が現実味を帯びてきたことから、投資資金が一気に流入した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
OKKがカイ気配、日本電産による子会社化を材料視◇
<注目銘柄>=栄電子、旺盛な半導体需要が追い風
ソフトウェア急反発、10月度売上高33%増で6カ月連続プラス


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »