株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

キユーピーが4日ぶり小反発、TCFD提言へ賛同し気候変動に対する情報開示強化 11月18日13時16分

 キユーピー<2809.T>が4日ぶり小反発。同社は午後1時に、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)の提言に賛同を表明するとともに、賛同企業や金融機関が議論する場であるTCFDコンソーシアムに参画したと発表しており、企業の環境問題に対する取り組みに注目が集まる中、これを材料視する買いも入っているようだ。

 同社の事業は自然や環境に強く依存しているため、原材料の収量減少や品質低下など、気候変動による影響を受ける可能性がある。今後の気候変動に関連する事象を経営リスクとして捉えて対応すると同時に、新たな機会も見いだし、企業戦略へ生かしていく考え。TCFDの提言への賛同表明を機に、持続可能な社会への貢献と企業の持続的な成長のために、「サステナビリティに向けての重点課題」の一つとして「気候変動への対応」に関する情報開示を積極的に行うとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
エデュラボは3日続落、21年9月期の決算発表を延期
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」1位にアスタリスク
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »