株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

スターマイカが大幅反発、期末配当予想を7円増額へ 11月19日09時18分

 スター・マイカ・ホールディングス<2975.T>が大幅反発している。18日の取引終了後、13円を予定していた期末配当予想を20円に引き上げると発表しており、これが好感されている。年間配当は33円となり、前期実績に対しては1円の増配になる予定だ。

 あわせて8月26日に発表した上限を25万株(発行済み株数の1.35%)、または3億円とする自社株買いについて、取得期間を11月30日までから22年3月31日までに変更すると発表した。株主への利益還元の向上を図るとともに、経営環境の変化に対応した資本政策の機動的な実行のために延長するとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
スターマイカが期末配当予想を7円増額
AB&Cの初値は1400円、公開価格を6.0%下回る
クボタが続伸、インドのトラクターメーカーに追加出資し子会社化


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »