株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

デジハHDが大幅反発、ドリコムの品質保証部門を承継へ◇ 11月22日09時52分

 デジタルハーツホールディングス<3676.T>が大幅反発している。前週末19日の取引終了後、子会社デジタルハーツが22年2月1日の予定で、ドリコム<3793.T>のゲーム事業の一部であるQC(品質保証)部門を承継すると発表しており、これが好材料視されている。

 ドリコムが開発・運営するゲームアプリの品質保証業務を会社分割の方法でデジタルハーツに譲渡するとしており、デジタルハーツは人材面や技術面での強化が期待されている。また、デジタルハーツはドリコムに対して、対価として1億円を支払う予定。なお、デジハHDの22年3月期業績への影響は軽微としている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ニッケが続伸、21年11月期営業利益予想を一転増益へ上昇修正し配当予想も増額へ
三菱UFJなどメガバンクが軟調、米10年債利回りの急低下をマイナス材料視◇
ジモティーが4日ぶり大幅反発、あんしん決済機能でNTTドコモ「d払い」利用開始


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »