株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<動意株・22日>(前引け)=トーカロ、ジモティー、イソライト 11月22日11時36分

 トーカロ<3433.T>=4日続伸と気を吐く。一時1638円まで買われた。今年1月14日につけた1634円を10カ月ぶりに上回り、株式分割考慮で実質上場来高値更新となった。世界的な半導体需給が逼迫するなか、東京市場では主力どころに比べ株価が出遅れていた半導体製造装置関連の中小型株に物色資金が流れ込んでいる。同社は半導体製造装置部品向けなどを中心に表面処理加工を手掛けているが、業績は前期に続き好調が続いており、22年3月期の営業利益は前期比17%増の101億円予想と同社初となる100億円大台乗せを果たす公算が大きい。株価は11月中旬以降、急速に下値を切り上げているが、PERや配当利回りなど株価指標面で割高感はなく、機関投資家とみられる実需買いが継続しているもよう。

 ジモティー<7082.T>=4日ぶり大幅反発。同社は19日取引終了後、NTTドコモ(東京都千代田区)と連携し、ジモティー内で利用できるあんしん決済機能において、ドコモが提供するネット決済サービス「d払い」の利用を開始すると発表しており、これが好感されているようだ。「d払い」はネットショッピングの買物代金やオンラインゲームのプレイ代金などの支払いに利用可能なドコモのスマホ決済サービス。また、あんしん決済機能はジモティー上での取引における決済をオンラインで事前に行うことができるもの。両社は19年3月に資本・業務提携を締結し、保有する事業資源の有効活用について検討を進めてきたが、「d払い」導入であんしん決済機能における支払い手段が増え、ユーザーの利便性向上につながるとともに、両社ユーザー間の相互利用を促進できると判断したとしている。

 イソライト工業<5358.T>=上値指向鮮明。ここ新値街道を走る展開が続いているが、きょうは大幅高でフシ目の4ケタ大台を回復した。同社株が1000円台に乗せるのは、2018年2月以来約3年9カ月ぶりとなる。セラミックファイバー(CF)のトップメーカーで、世界的な半導体需給の逼迫を背景とした増産投資需要を背景に半導体用工業炉向けで旺盛な需要を取り込んでいる。22年3月期は当初予想を上方修正、営業利益段階で前期比40%増の30億円を見込む。PERは依然として10倍台と割安。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
トーカロは4連騰で10カ月ぶり上場来高値、半導体装置向け部品加工が好調で最高益へ
ジモティーが4日ぶり大幅反発、あんしん決済機能でNTTドコモ「d払い」利用開始
イソライトが3年9カ月ぶり4ケタ大台乗せ、半導体の増産投資で収益環境に追い風強い


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »