株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:GSIクレオスや名古屋銀行などに注目 11月24日09時12分

23日の米国市場ではNYダウが194.55ドル高の35813.80、ナスダック総合指数が79.62pt安の15775.14、シカゴ日経225先物が大阪日中比45円安の29745円。休日明け24日早朝の為替は1ドル=115.10-20円(22日午後3時は114.13円)。本日の東京市場では米国の長期金利上昇や円安進行を受けて三菱UFJ<8306>やみずほFG<8411>の値上がりが予想され、円安の業績貢献が大きいトヨタ自<7203>、ホンダ<7267>、SUBARU<7270>や任天堂<
7974>も買われそうだ。また、戦略石油備蓄(SPR)放出計画の規模は市場予想より小さかったとみられ、WTI原油先物価格の反発していることから、INPEX<1605>などのエネルギー関連も堅調な動きが想定される。そのほか、2022年3月期末配当予想を従来発表の35円から62円へ引き上げ、中期経営計画を同時に発表したGSIクレオス<8101>、発行済み株式総数の3.31%上限の自社株買い枠を設定した名古屋銀行<8522>など個別の材料銘柄にも物色が向かいそうだ。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »