株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日本調剤は反落、国内大手証券が投資評価を引き下げ◇ 11月24日14時40分

 日本調剤<3341.T>は反落している。SMBC日興証券が22日付で、投資評価を「1」から「2」に引き下げ、目標株価を2100円から1600円へ引き下げたことが弱材料視されているようだ。

 同証券では長生堂製薬(孫会社)の業務停止命令で医薬品製造販売(GE)事業への期待値が短期的に剥落したと指摘。長生堂のリコール対応などのコストは一過性であり、既に業務停止命令は解除されていることや、本体の日本ジェネリック(子会社)は業界再編のなかでシェア獲得による増収が可能と考え、来期以降の増益は可能と予想しているが、品質改善などには時間を要し管理コストが増加する可能性や、3月に行政処分を受けた日医工<4541.T>同様に再度リコールが生じるリスクがあることから、当面株式市場の評価は低迷すると見込んでいる。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 11月24日 14時
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位にクレオス
リミックスが続伸、BPJがチェーンリンクの新規取り扱いを開始


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »