株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

住友鉱が反発、EV電池のレアメタル再利用を開始と報じられる 11月24日09時27分

 住友金属鉱山<5713.T>が反発している。きょう付の日本経済新聞朝刊で「電気自動車(EV)用の電池に含まれるレアメタル(希少金属)の再利用を始める」と報じられており、これを好材料視した買いが入っている。

 記事によると、銅の製錬ノウハウを生かし、調達した車載電池を砕いた電池粉を加熱して、銅とニッケル、コバルト、リチウムを鉱石からの抽出と同等の品質かつ低コストで取り出す世界初の技術を確立したという。EV電池の安定生産に向けて、希少資源が国内で循環する流れを確保することが狙いとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ソフトバンクGは売買代金トップも下値模索続く、アリババ株の動向にマーケットの関心
プラザクリエが大幅続伸、30万株を上限とする自社株買いを実施へ
クレオスはカイ気配で水準切り上げる、年62円への増配と中計発表を好感


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »