株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「脱炭素」が9位にランク、日米が地方のゼロカーボン促進で連携<注目テーマ> 11月25日12時20分

★人気テーマ・ベスト10
1 メタバース
2 半導体
3 半導体製造装置
4 NFT
5 水晶振動子
6 人工知能
7 2021年のIPO
8 デジタルトランスフォーメーション
9 脱炭素
10 不動産テック

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「脱炭素」が9位となっている。

 環境省は19日、10日のCOP26(第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議)ジャパン・パビリオンのサイドイベントで、「日米グローバル地方ゼロカーボン促進イニシアティブ」の立ち上げを表明したことを明らかにした。

 このイニシアティブは、州・県レベルから都市・国レベルまで地方の異なるレベルにおける脱炭素と適応に関する地域の取り組みのさまざまな最善の方法を共有することや、国際協力によって地方による自身の能力向上を促すことが目的とされている。今後、日米は同イニシアティブに基づき、地方の気候行動を認識・支援し、加速するための地球規模での行動を促進するために連携していくという。

 岸田首相はCOP26で「2030年度に温室効果ガスを13年度比で46%削減することを目指し、更に50%の高みに向け挑戦を続けていく」ことを約束しており、関連銘柄の動向から目が離せない。

 主なものでは、ウエストホールディングス<1407.T>やAbalance<3856.T>などの太陽光関連、日立造船<7004.T>やレノバ<9519.T>といった風力関連、山王<3441.T>や三菱化工機<6331.T>をはじめとした水素関連が挙げられる。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<11月24日の十字足示現銘柄(売りシグナル)>
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」2位にアルコニクス
午前:債券サマリー 先物は小幅続落、国債増発懸念で売り先行


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »