株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

芝浦が初の9000円大台乗せ、半導体設備拡大の追い風を背に新値街道復帰 11月25日10時27分

 芝浦メカトロニクス<6590.T>が切り返し年初来高値更新。初の9000円大台に乗せる場面があった。半導体向けエッチング装置やチップボンダーなどで高い商品競争力に定評がある。ロジックファウンドリー向け、メモリー向けいずれもメーカーの生産設備増強の動きが商機拡大につながっており、22年3月期営業利益は前期比44%増益を見込む。半導体関連の高成長企業にしてPERは15倍台で割高感に乏しく、テクニカル的にも11月中旬以降はチャートの陽線の多さが目立ち、機関投資家とみられる継続的な実需買いが入っていることを示唆している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 11月25日 16時
アセンテックとニーズウェルがテレワークやリモート開発のソリューション提供で業務提携◇
シチズンが2500万株を上限とする自社株買いを発表


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »