株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

Jストリーム Research Memo(10):2022年3月期配当金は未定だが一定水準以上を期待 11月26日16時10分

■株主還元策

Jストリーム<4308>は、株主に対する利益還元を経営の重要課題の1つとして位置付けている。経営環境と業績状況を総合的に勘案し、株主に対する利益還元を図ることにより同社株式の市場価値を高めていく方針である。2021年3月期の配当については、好調な業績を踏まえつつ、利益水準と、成長・変化への対応のための資金需要を勘案し、1株当たり配当金を13円とした。2022年3月期の配当については、例年どおり期初において未定としたが、好業績が予想されることから一定水準以上の配当が実施されることを期待したい。


■情報セキュリティ

同社が顧客から預かるデータのなかには、秘匿情報や個人情報などの情報管理が必要なコンテンツが存在しており、システムの設計や運用上でこれらの情報が漏えいすることのないように厳重に管理している。加えて、プライバシーマークの認定も受けている。また、運営するWebサイトに対しては外部機関による脆弱性検査を、サイバー攻撃については随時システムの強化をそれぞれ実施している。システムトラブルについては日々監視を行い、システム・ネットワークにかかわらず可能なものは二重化し、万一トラブルが発生した場合でも、短時間で復旧できる体制を組んでいる。オフィスでもアンチウイルスソフトの利用やHDDの暗号化、操作ログ管理、USBメモリの使用禁止、社外持ち出し専用PCの運用やPCのシンクライアント化や位置情報管理など、機密・個人情報などの情報漏えいへの対策を実施している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)




<EY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »