株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

商船三井を対象とするコール型eワラントが上昇率上位にランクイン(29日10:06時点のeワラント取引動向) 11月29日10時24分

新規買いは原資産の株価上昇が目立つ日本郵船<9101>コール142回 1月 9,000円を順張り、任天堂<7974>コール442回 1月 50,000円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つ丸井グループ<8252>プット21回 1月 2,250円を順張り、東海旅客鉄道<9022>プット40回 12月 17,500円を順張り、イオン<8267>プット33回 12月 2,950円を順張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしてはイーサリアム先物インデックスリンク債_2024年 トラッカー1回 5月 1.0米ドル、野村日経225ダブルインバースETF プラス5倍トラッカー32回 1月 140円、ビットコイン2021年12月 プラス5倍トラッカー3回 12月 40,000米ドル、イーサリアム2021年12月 プラス5倍トラッカー3回 12月 2,550米ドルなどが見られる。

上昇率上位は商船三井<9104>コール117回 12月 8,600円(+50.0%)、東急<9005>プット18回 12月 1,650円(+34.6%)、商船三井コール122回 1月 8,700円(+34.6%)、ビットコイン2022年1月 プラス5倍トラッカー3回 1月 56,000米ドル(+34.2%)、任天堂コール439回 12月 52,000円(+33.3%)などとなっている。

(カイカ証券)




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »