株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(寄り付き)=買い優勢、米株高受け不安心理が後退 11月30日09時04分

 30日の東京株式市場は買い優勢でスタート、寄り付きの日経平均株価は前営業日比327円高の2万8611円と反発。

 主力株をはじめ広範囲に買い戻される展開で日経平均は自律反発局面に。前日の米国株市場では、新型コロナウイルスの新たな変異株であるオミクロン株に対する過度な不安心理も後退、ハイテク株中心に幅広く買い戻される展開となったことから、東京市場でもこれに追随する動きとなっている。日経平均株価は前週末に続き、前日も大きく値を下げたことで目先値ごろ感からの押し目買いや買い戻しが入りやすい状況にある。取引時間中は米株価指数先物やアジア株市場の動向、またドル・円相場の動きなどに左右されるケースが想定される。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
30日=シンガポール・日経平均先物寄り付き2万8545円(+320円)
30日の株式相場見通し=反発局面へ、米株切り返しセンチメント改善
明日の株式相場に向けて=波乱相場で意地をみせたレーザーテック


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »