株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=反発、米株高受け自律反発狙いの買いが優勢 11月30日11時48分

 30日前引けの日経平均株価は前営業日比214円99銭高の2万8498円91銭と反発。前場の東証1部の売買高概算は6億2116万株、売買代金概算は1兆3788億円。値上がり銘柄数は1795、対して値下がり銘柄数は330、変わらずは59銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は、前日の米株高を受けて主力株をはじめ広範囲に自律反発狙いの買いが優勢となり、日経平均やTOPIXなど主要株指数が切り返す形となった。前週末からの急落の反動で空売りの買い戻しなども寄与したとみられる。半導体関連株などが買われ全体相場を牽引、一時日経平均は400円以上高い場面もあったが、前引けにかけ戻り売りや目先筋の利益確定売りに押され上げ幅を縮小した。ただ、値上がり銘柄数は1800近くに達し、東証1部全体の8割強の銘柄が上昇するなど買い気の強い地合いだった。

 個別では群を抜く売買代金をこなしたレーザーテック<6920.T>が上昇、東京エレクトロン<8035.T>も値を上げるなど半導体関連株が強い。トヨタ自動車<7203.T>が堅調、ソニーグループ<6758.T>、キーエンス<6861.T>なども高い。マネックスグループ<8698.T>が値上がり率トップに買われ、戸田工業<4100.T>も値を飛ばした。半面、任天堂<7974.T>が安く、ファーストリテイリング<9983.T>も軟調。塩野義製薬<4507.T>、エムスリー<2413.T>も売りに押された。リンクアンドモチベーション<2170.T>が急落、新日本科学<2395.T>も大きく値を下げた。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
証券株が一斉高、全体相場の地合い改善と売買代金の増勢が追い風材料に◇
マネックスGが急反騰、国内大手証券が目標株価1200円に引き上げ
ソニーGが反発、半導体とコンテンツ分野で存在感高まり海外投資家が熱視線◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »