株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

IMVは8日ぶり反発、24年9月期売上高146億円の中計策定 11月30日09時10分

 IMV<7760.T>は買い優勢、ここ下値を模索する展開が続いていたが8日ぶりに反発に転じた。同社は自動車業界向けを中心に振動試験装置や計測器を提供し、受託試験サービスも手掛ける。世界で電気自動車(EV)の普及が進むなか、車載用リチウムイオン電池の充放電の性能確認などでも商機を捉えている。29日取引終了後に中期経営計画を発表、数値目標としては24年9月期に売上高146億円(21年9月期実績は115億7600万円)、営業利益15億円(同10億6700万円)を目指す方針で、これを評価する形で投資マネーを引き寄せている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
リプロセルがカイ気配スタート、同社のPCR検査でオミクロン株も特定検査が可能と判明
因幡電産が3日ぶりに反発、上限55万株の自己株取得枠を設定
レーザーテックが続急伸、米長期金利の先高思惑後退で半導体関連への資金還流が顕著に


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »