株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アイモバイルは9日ぶりに反発、AIを用いた問題ある広告検知モデルの研究成果を学会発表 11月30日13時02分

 アイモバイル<6535.T>は9日ぶりに反発。同社は正午ごろ、人工知能(AI)を用いた問題のある広告検知モデルの研究成果を11月15日に開催された人工知能学会国際シンポジウムのワークショップにおいて報告したと発表しており、これを材料視した買いも入っているようだ。

 同社は運営するアドネットワーク「i-mobile Ad Network」において不適切な広告を除外し、信頼性の高い広告配信を実現するため、広告審査基準及び審査体制の強化に取り組んでいる。その一環として問題のある広告文書をAIで検知するモデルの研究や開発を行っており、今回、その研究成果を発表したとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
クロスキャットが大幅反発、保険代理店へNTTデータの「BizWise」を納入へ◇
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」1位にFRONTEO
ジオロケが後場カイ気配、12月31日を基準日として1株を2株に株式分割


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »