株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:パソナグループやジェイ・エス・ビーなどに注目 12月01日09時15分

11月30日の米国市場ではNYダウが652.22ドル安の34483.72、ナスダック総合指数が245.14pt安の15537.69、シカゴ日経225先物が大阪日中比205円高の27675円。12月1日早朝の為替は1ドル=113.10-20円(11月30日午後3時は113.08円)。連邦準備制度理事会
(FRB)のパウエル議長はインフレ高進が持続する可能性を警告し、12月連邦公開市場委員会(FOMC)で量的緩和縮小(テーパリング)ペース加速の選択肢を協議することが妥当との考えを示した。金融引き締め懸念が再び台頭するなか、本日の東京市場でも株式全般に売りが広がりそうだ。東エレク<8035>やアドバンテスト<6857>などの半導体関連株から、ローム<6963>、ファナック<6954>などのハイテク株、任天堂<7974>
やベイカレント<6532>などのグロース株まで広く売りが先行しよう。また、新型コロナ変異株オミクロン株に対する懸念も残り、日本製鉄<5401>、信越化学<4063>、クボタ<6326>、AGC<5201>などの景気敏感株も全般軟調となりそうだ。他方、昨日大引け後の情報開示銘柄では。業績予想を上方修正したパソナグループ<2168>、ジェイ・エス・ビー<3480>、好決算を発表したトリケミカル研究所<4369>などには買いが入りそうだ。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »