株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は44円高でスタート、ホンダやキーエンスなどが上昇 12月01日09時33分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;27866.73;+44.97TOPIX;1930.88;+2.53


[寄り付き概況]

 1日の日経平均は44.97円高の27866.73円と4日ぶり反発して取引を開始した。前日11月30日の米国株式市場は大幅反落。ダウ平均は652.22ドル安の34483.72ドル、ナスダックは245.14ポイント安の15537.69で取引を終了した。11月シカゴ購買部協会景気指数(PMI)や11月消費者信頼感指数が予想以上に悪化したため、寄り付き後下落。その後、連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が上院銀行委証言での質疑応答でインフレ高進が持続する可能性を警告し、12月連邦公開市場委員会(FOMC)で資産購入縮小ペース加速の選択肢を協議することが妥当との考えを示したため売りが加速し、終日軟調に推移した。

 今日の東京株式市場は買いが先行した。日経平均が昨日までの3営業日続落で1600円を超す下げとなったことから、自律反発狙いの買いが入りやすかった。一方、昨日の米株式市場で主要3指数(ダウ平均、ナスダック総合指数、S&P500)やフィラデルフィア半導体株指数(SOX指数)が大幅反落となったことが東京市場の株価の重しとなり、また、日本でも新型コロナ「オミクロン型」の感染が初めて確認されたこともあり、オミクロン型への警戒感も継続し買い手控え要因となったが、寄り付き段階では買いが優勢だった。なお、取引開始前に発表された7-9月期の法人企業統計によると、金融業と保険業を除く全産業の設備投資額は前年同期比1.2%増だった。

 セクター別では、パルプ・紙、海運業、輸送用機器、不動産業、電気機器などが値上がり率上位、空運業、陸運業、医薬品、鉱業、石油石炭製品などが値下がり率上位に並んでいる。東証1部の売買代金上位では、トヨタ<7203>、ホンダ<7267>、キーエンス<6861>、ファナック<6954>、ダイキン<6367>、日立<6501>、リクルートHD<6098>、日本郵船<9101>、商船三井<9104>、塩野義薬<4507>、HOYA<7741>、三菱電<6503>、アサヒ<2502>などが上昇。他方、ソフトバンクG<9984>、武田薬<4502>、マネックスG<8698>、JAL<9201>、ANA<9202>、JT<2914>、OLC<4661>、ZHD<4689>、イビデン<4062>、キリンHD<2503>などが下落している。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »