株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

CSSが大幅反発、Oakが資本参加へ◇ 12月01日09時49分

 厨房業務請負を主力とするCSSホールディングス<2304.T>が大幅高で5日ぶりに反発。11月30日の取引終了後、代表取締役会長である野口緑氏が保有する株式の一部をOak キャピタル<3113.T>へ譲渡すると発表しており、これが材料視されている。

 CSSは60万株(議決権ベースで11.72%)を1株267円でOakへ譲渡する。コロナ禍で社会環境が大きく変化するなか、同社はスチュワード事業、フードサービス事業、空間プロデュース事業の3つの事業における成長戦略を推進しており、Oakはこの取り組みを支援するという。今後の展開が期待されているようだ。なお、発表を受けてOakの株価も上昇している。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
郵船、商船三井など堅調、バルチック指数の戻り顕著で3000大台回復が視野◇
マネフォは続急落、一時費用の発生などで21年11月期利益予想を下方修正
1日韓国・KOSPI=寄り付き2860.12(+21.11)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »