株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「リチウムイオン電池」が4位、世界的なEV投資加速で需要拡大へ<注目テーマ> 12月01日12時20分

★人気テーマ・ベスト10
1 メタバース
2 半導体
3 電気自動車関連
4 リチウムイオン電池
5 全固体電池
6 半導体製造装置
7 脱炭素
8 NFT
9 巣ごもり
10 コロナウイルス

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「リチウムイオン電池」が4位となっている。

 日産自動車<7201.T>は11月29日、2030年度に向けた長期ビジョンを発表、電気自動車(EV)を含む電動車の世界新車販売に占める割合を5割以上とする目標を掲げた。今後5年間で2兆円の投資を行い、車両の電動化と技術革新を更に加速させていく方針だ。

 ここ世界的に大手自動車メーカーによる投資計画が相次ぎ打ち出されている。トヨタ自動車<7203.T>は30年までに車載電池の供給体制構築や研究開発に1兆5000億円、ホンダ<7267.T>も40年の全新車電動化に向けて今後6年間で5兆円を投じるほか、米ゼネラル・モーターズ<GM>やフォード・モーター<F>、独フォルクスワーゲンなど世界の大手メーカーも電動化に向けた投資を加速させる方針にある。こうした各社の大型投資が話題となるなか、株式市場ではEV普及のカギを握る基幹部品の一つ「リチウムイオン電池」に熱視線が注がれている。同電池価格が来年以降上昇に転じるとの観測も伝わっており、今後も関連企業の商機はいっそう広がっていくことになりそうだ。

 関連銘柄としては、田中化学研究所<4080.T>や戸田工業<4100.T>、日本電解<5759.T>に加え、ニッポン高度紙工業<3891.T>、ダブル・スコープ<6619.T>などの注目度が高い。このほか主力どころの村田製作所<6981.T>、パナソニック<6752.T>をはじめ、ジーエス・ユアサ コーポレーション<6674.T>などをマークしておきたい。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=反発、急落の反動で買い戻し優勢に
<11月30日の年初来高値更新銘柄> 12月01日
午前:債券サマリー 先物は反落、長期金利0.065%に上昇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »