株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ファンクリGが大幅高、21年11月期営業利益予想大幅増額で前期比3.2倍に 12月01日09時14分

 ファンドクリエーショングループ<3266.T>が一時13.8%高の91円に買われ、超低位株の特性を存分に発揮して大きく上値を追う形となっている。不動産を中心に公募型ファンドを運用、国内だけでなく米国などでも積極展開している。11月30日取引終了後、21年11月期業績予想の修正を発表、営業利益は従来見通しの1億4000万円から2億3000万円に大幅増額、前期実績7100万円に対し3.2倍強の高い伸びとなる見込みで、これを材料視する形で投資資金の攻勢を誘っている。売上高は米カリフォルニア州における物件売却の遅れなどで従来計画を下回るが、利益率の高いアセットマネジメント・フィーの計上や支払い金利の減少が寄与する。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
おきなわFGが続伸、50万株を上限に自社株買いを実施
三ツ知は小幅続伸、12月31日時点の株主を対象に1株を2株へ分割
ソフトバンクGが6000円大台割れ、ナスダック安と下げ止まらないアリババ株が重荷


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »