株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

JSBが小幅反発、想定を上回る賃貸入居需要で21年10月期業績は計画上振れ 12月01日09時31分

 ジェイ・エス・ビー<3480.T>は6日ぶりに小幅反発。11月30日の取引終了後、集計中の21年10月期の連結業績について、売上高が524億400万円から527億8000万円(前の期比9.8%増)へ、営業利益が48億2400万円から53億3000万円(同22.9%増)へ、純利益が31億5400万円から32億4000万円(同17.3%増)へ上振れて着地したようだと発表しており、これが好感されている。

 賃貸入居需要の状況は想定を上回る水準で底堅く推移したことに加えて、運営効率化によるコスト圧縮が進んだことも寄与した。あわせて、従来30円を予定していた期末一括配当を35円(前の期34円)に引き上げると発表した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
JSBの21年10月期業績は計画上振れ着地
シリウスVは大幅続伸、ボトル容器の検査事業を行う中国企業と資本・業務提携
メタリアルがマド開け急騰、自動翻訳の伸長で上期業績は大きく改善


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »