株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マネフォは続急落、一時費用の発生などで21年11月期利益予想を下方修正 12月01日09時37分

 マネーフォワード<3994.T>は続急落している。11月30日の取引終了後、21年11月期の連結経常損益が11億7500万円~15億7500万円の赤字(前期は25億3800万円の赤字)になりそうだと発表。前回予想の8億6100万円~12億6100万円の赤字から下方修正となり、これが嫌気されている。

 8月に実施した海外募集による新株発行に伴う株式交付費3億1400万円の計上に加えて、第4四半期に好調な「マネーフォワードクラウド」への広告宣伝費を増やしたことが響いた。あわせて、社内向けAIチャットボットを開発するHiTTOの株式を取得し完全子会社化すると発表している。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
1日韓国・KOSPI=寄り付き2860.12(+21.11)
パソナGが反落、上期業績予想を上方修正も材料出尽くし感強まる
国際チャートが急動意、親会社ナカバヤシによる完全子会社化がサプライズに◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »