株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アイビーが「日本バイオマテリアル学会」で慶応大との共同研究を発表 12月01日16時22分

 アイビー化粧品<4918.T>は1日取引終了後、11月28日から30日まで開催された「第43回日本バイオマテリアル学会」において、慶應義塾大学との共同研究についての報告を行ったと発表した。

 研究は「角質細胞間脂質であり、物質透過バリア機能、保湿効果、細胞増殖や炎症に関わる機能を有し、化粧品や医薬品の素材として注目されているスフィンゴ脂質のセラミドを用いたナノカプセルの創製・機能解析」に関するもの。作製したナノカプセルは構造安定性と分解特性を持つため、多様な物質の担持、体内における運搬、環境に応答した放出など多機能の発現が期待できるとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ワークマンの11月既存店売上高は2カ月ぶり前年上回る
Aiming、UUUM子会社のLiTMUSとオンラインゲーム制作で共同事業契約◇
ステムリム、レダセムチドに関する医師主導治験で患者組み入れ完了を発表◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »