株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

荏原が後場上げ幅拡大、日本下水道事業団から名古屋市で整備中のポンプ設備工事を受注 12月02日13時49分

 荏原<6361.T>が後場上げ幅拡大。同社は午後1時20分ごろ、日本下水道事業団から、広川ポンプ所(名古屋市中川区)のポンプ設備工事を受注したと発表した。

 名古屋市では08年8月末の豪雨によって広い範囲で床上浸水の被害が生じたことから、名古屋駅周辺を含む地域で浸水被害の軽減を目的として、60mm/hの降雨に対応可能な雨水調整池などの施設を整備している。広川ポンプ所は雨水調整池などから集まる雨水を運河に排水する施設であり、荏原が今回設計・製作・据付するポンプは地下50メートルの深さから地上レベルの中川運河に雨水を吐き出す能力があるとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 12月02日 13時
TOTOが小幅続伸、ベトナムに水栓金具工場を新設
債券:10年債入札、テールは2銭で応札倍率3.16倍


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »