株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

石油資源など石油関連株は底堅く推移、「OPECプラス」は増産維持を決定◇ 12月03日11時20分

 石油関連株は底堅く推移。石油資源開発<1662.T>やENEOSホールディングス<5020.T>、出光興産<5019.T>が値を上げている。INPEX<1605.T>は横ばい圏で推移している。2日に開催された石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟国から成る「OPECプラス」の会合では、増産維持が決定された。これを受け、2日のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の1月限は前日比0.93ドル高の1バレル=66.50ドルで取引を終えた。ただ、一時62ドル台まで下落するなど荒い値動きとなった。新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染が拡大した場合、経済活動の低迷から原油需要は伸び悩むとの見方もあり、原油相場の見通しには強弱観が対立している。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
QBNHDが高い、11月既存店売上高8カ月連続で前年実績上回る
大幸薬品は3日ぶりに反発、「室内空気中のウイルス消毒」の総説論文が英文薬学雑誌に掲載へ
債券:先物、前場終値は前営業日比9銭高の152円06銭


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »