株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

【↑】日経平均 大引け| 反発、後場に入り上昇基調強まり2万8000円台を回復 (12月3日) 12月03日16時13分


日経平均株価
始値  27841.05
高値  28029.57(15:00)
安値  27588.61(10:46)
大引け 28029.57(前日比 +276.20 、 +1.00% )

売買高  12億3333万株 (東証1部概算)
売買代金  2兆9347億円 (東証1部概算)

-----------------------------------------------------------------

■本日のポイント

 1.日経平均は276円高と反発、後場に入り上昇基調強まる
 2.前日までの下落で値頃感も台頭し下値拾いの動きが活発に
 3.日経平均は4日ぶりに2万8000円台を回復し高値引け
 4.商船三井、川崎汽など海運株やANAHDなど空運株が高い
 5.中小型株も買われ、東証マザーズ指数は8日ぶりに反発

■東京市場概況

 前日の米国市場では、NYダウは前日比617ドル高と3日ぶりに反発した。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の感染拡大が懸念されるものの前日までの下落から、自律反発狙いの買いが流入した。

 東京市場では日経平均株価は大幅反発。後場に入り買いが優勢となり、4日ぶりに2万8000円を回復した。

 前日の米株式市場では、NYダウがと急反発。これを受けた、東京市場で日経平均は、寄り付きでは値を上げてスタートしたが、上値では売りに押され前場は一時160円を超す下落となるなど軟調に推移した。ただ、後場に入る買いが優勢となり、日経平均は2万8000円を回復し高値引けで取引を終えた。新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」を巡る状況が警戒されているが、前日までの大幅な下げで値頃感が強まっていた。今晩は米11月雇用統計が発表されることもあり、その結果も注目されている。中小型株も堅調で、東証マザーズ指数は8日ぶりに反発した。

 個別銘柄では、日本郵船<9101>や川崎汽船<9107>、商船三井<9104>など海運株が高く、ソニーグループ<6758>やトヨタ自動車<7203>、ダイキン工業<6367>が買われた。日本航空<9201>やANAホールディングス<9202>が急伸し、JR東日本<9020>やJR東海<9022>も値を上げた。
 半面、ソフトバンクグループ<9984>やファーストリテイリング<9983>が安く、レーザーテック<6920>や東京エレクトロン<8035>、任天堂<7974>が軟調。FRONTEO<2158>やリボミック<4591>が急落した。

 日経平均へのプラス寄与度上位5銘柄はダイキン <6367> 、リクルート <6098> 、信越化 <4063> 、デンソー <6902> 、アドテスト <6857> 。5銘柄の指数押し上げ効果は合計で約81円。
 日経平均へのマイナス寄与度上位5銘柄はファストリ <9983> 、東エレク <8035> 、SBG <9984> 、富士フイルム <4901> 、任天堂 <7974> 。5銘柄の指数押し下げ効果は合計で約44円。

 東証33業種のうち32業種が上昇し、下落はその他製品のみ。上昇率の大きかった上位5業種は(1)空運業、(2)海運業、(3)陸運業、(4)繊維製品、(5)不動産業。一方、上昇率の小さかった5業種は(1)電気・ガス業、(2)医薬品、(3)情報・通信業、(4)電気機器、(5)石油石炭製品。

■個別材料株

△ギフティ <4449>
 eギフト販売システムが川崎ブレイブサンダースに採用。
△AIins <4488> [東証M]
 SBI証券が目標株価を2万円に引き上げ。
△大幸薬品 <4574>
 「室内空気中のウイルス消毒」の総説論文が英文薬学雑誌に掲載へ。
△QBNHD <6571>
 11月既存店売上高8ヵ月連続で前年実績上回る。
△アルチザ <6778> [東証2]
 第1四半期決算での順調な収益回復で見直し。
△ニフコ <7988>
 32万株を上限とする自社株買いを実施へ。
△中京銀 <8530>
 「愛知銀との経営統合」との報道。
△トレイダーズ <8704> [JQ]
 暗号資産CFDサービス開始へ。
△ゴールドクレ <8871>
 60万株を上限とする自社株買いを実施へ。
△KNTCT <9726>
 HIS <9603> などリオープン関連に買い戻し。

▼ラクーンHD <3031>
 8-10月期も営業2割超減益が継続。
▼コーテクHD <3635>
 自社株TOB実施に向けたCB発行を発表。


 東証1部の値上がり率上位10傑は(1)Gunosy <6047> 、(2)川崎汽 <9107> 、(3)東京綱 <5981> 、(4)オープンドア <3926> 、(5)ヴィッツ <4440> 、(6)中京銀 <8530> 、(7)ジャムコ <7408> 、(8)ギフティ <4449> 、(9)KNTCT <9726> 、(10)エスクリ <2196> 。
 値下がり率上位10傑は(1)ラクーンHD <3031> 、(2)コーテクHD <3635> 、(3)不二電機 <6654> 、(4)木村化 <6378> 、(5)ペプドリ <4587> 、(6)トリケミカル <4369> 、(7)F&LC <3563> 、(8)TOREX <6616> 、(9)電子材料 <6855> 、(10)スノーピーク <7816> 。

【大引け】

 日経平均は前日比276.20円(1.00%)高の2万8029.57円。TOPIXは前日比31.49(1.63%)高の1957.86。出来高は概算で12億3333万株。東証1部の値上がり銘柄数は2015、値下がり銘柄数は138となった。日経ジャスダック平均は3869.28円(33.74円高)。

[2021年12月3日]


株探ニュース

【関連ニュース】
ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は8日ぶり反発、白鳩がS高
東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は8日ぶり反発、サイエンスA、AIinsがS高
日経平均3日大引け=反発、276円高の2万8029円


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »