株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

コーテクHDが3日ぶり急反落、プライム上場に向けユーロ円CBと自社株TOB実施 12月03日13時37分

 コーエーテクモホールディングス<3635.T>が3日ぶりに急反落。同社は2日取引終了後、460億円のユーロ円建転換社債(CB)型新株予約権付社債を発行するとともに、自社株TOBを実施することを発表した。同社は同日、来年4月に予定されている東証再編では「プライム市場」への上場を申請した。ユーロ円CBで調達した資金を活用して、大株主の保有株を自社株TOBで取得することにより、プライム上場に向けて流通株式比率の上場維持基準(35%以上)を充足する予定だ。同CBは満期償還日が24年12月の3年債。転換価格は前日終値を10.00%上回る5357円で決まった。潜在株式による希薄化率は5.16%となる。また、発行済み株式数の5.89%に相当する990万株を上限に自社株にTOBをかけることも発表した。TOB価格は7日終値と2日終値を比較してより低い価格に対して10%ディスカウントした価格とする。買付期間は8日から22年1月6日まで。この日の株価は、株式需給関係の悪化やTOB価格などを意識する売りが膨らんでいる様子だ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 12月03日 13時
モリトが4日続伸、投資有価証券売却益を計上へ
ラクスは4日ぶり反発、電子帳簿保存システム「楽楽電子保存」を提供開始へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »